劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニエル・クレイグ、新ボンドガールとの男女関係にご満悦

ダニエル・クレイグ、新ボンドガールとの男女関係にご満悦



世界中で大ヒット中の007シリーズ最新作『007/慰めの報酬』の来日記者会見が25日(火)都内にて行われ、主演のダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マーク・フォスター監督、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリが登壇。注目の新ボンドガールのオルガに対してダニエルは「これまでにない男女関係を演じています。いい仕事をしてくれた」と絶賛した。

会見でのフォトセッションの様子

 前作『007/カジノ・ロワイヤル』を上回る興行成績を記録している今作は、街中や砂漠、空中などさまざまなシーンでのアクションに次ぐアクションがみどころのひとつ。今回が本格的なアクション作品に初挑戦となったフォスター監督は「大きなチャレンジでした。これまでのシリーズのどの作品を観ても惹き込まれますし、プレッシャーはありましたが、これまでに手がけてきた作品と同様にキャラクターに集中しました」と製作について語り、タイトルにひっかけて「BOX OFFICE(興行成績)がよいことが慰みになっています」とコメントし笑いを誘った。

 そして、オルガの新ボンドガールへの起用については「ボンドガール選びは、よくうらやましがられるけど、とても大変。オルガは、演技がリアルでダニエルとの相性がいいことで決まりました」とコメント。ダニエルも「オルガは感情の深みを現せて、肉体的な強さをもっている。これまでにいないボンドガールで、お互いに助け合える男女関係を演じています。いい仕事をしてくれた」と太鼓判を押した。

 一方、アクション初体験ながら、ハードなシーンもこなしたオルガは「たくさんあざを作りました(笑)。人生で初めての6か月間のハードなトレーニングもこなしましたので、今はアクションウーマンもできます」。そんな体を使った撮影も楽しかったと笑顔をみせ、「もう一度撮りたい!」とコメントした。
スポンサーサイト

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/1597-71a9bd37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。