劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30~40代のサラリーマンがハマる“高級ゲーセン”

30~40代のサラリーマンがハマる“高級ゲーセン”


いま、街中のゲームセンターで、若者の代わりに、30~40代サラリーマンが幅を利かせている。何が起きているのか?
 アーケードゲーム専門誌「アルカディア」の猿渡雅史編集長が言う。
「ここ数年、ゲーセンのあり方が変わってきています。少子化で子供が減っている上、家庭用ゲーム機の普及で子供たちがゲーセンに魅力を感じなくなっている。となると、店やメーカー側は、ゲーセン文化が根付いている“大人”をターゲットにせざるを得ない。本来は足を洗う年齢なのに“卒業させまい”と必死なのです」
 中高年を虜にしているのは、通信対戦型麻雀ゲーム、競走馬やサッカー選手の育成ゲームなど。反射神経を必要としない分、時間がかかるのでゲーム代金がかさむ。1日数千円はザラ。トータルで数百万円つぎ込んでいる大人もいるそうな。

●酒も飲める!
 設備も変わってきた。昨年、渋谷「GIGO」4階にオープンした「スプレッド」は、本格的なカジノゲームや、メダルゲームなどが楽しめる大人向けのゲーセン。高級そうなソファがしつらえられ、20歳未満は入場禁止。アルコールも提供する。
「海外でカジノにハマった人、映画帰りのカップルなど、普段あまりゲームセンターに来ないお客さまが多いですね」(杉原壮平店長)
 総理はマンガに夢中で、大人はゲーセンにどっぷり! 世も末ではないか。
スポンサーサイト

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/1600-55b8b9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。