劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅野美穂、実際の“怪奇事件”ベースに描いた異色作で女性刑事役に

菅野美穂、実際の“怪奇事件”ベースに描いた異色作で女性刑事役に



女優・菅野美穂が来年1月スタートの日本テレビ系ドラマ『キイナ -不可能犯罪捜査官-』(毎週水曜 後10:00~)に女性刑事役で主演することが30日(日)わかった。今作の脚本は同局の『特命リサーチ200X』や『ザ!世界仰天ニュース』で紹介され、実際に起こった怪奇や猟奇事件を元に作られた異色作。菅野は「今まで見たことのないドラマ。オリジナル作品ですし、フレッシュな気持ちでやりたいと思う」とコメントしている。

菅野美穂のプロフ

 同作で主人公・春瀬キイナ役を演じる菅野は、警視庁捜査一課の通称“ベッパン”と呼ばれる班に所属。恋愛や家族愛が絡んだ謎だらけの事件を抜群の記憶力と観察眼を駆使し、寝食を忘れて追いかける姿を描く。菅野は、脚本の元にもなった怪奇現象について「自分のなかでは霊感みたいなものは全くないし、占いも信じない。どこか科学的根拠のないものは信じたくないと思っているところがありますね」と語っており、ドラマを通して自らがこれまで経験できなかった謎解きに興味を持っている様子。

 その一方、劇中では29歳の設定で同年代が身に付ける普通のファッションで登場したり、好きな男性の前では緊張する“乙女な一面”も見せる。これには、自身の過去を振り返りながら「20代は、とにかく何かしなくちゃと焦っていた。でも、30歳を過ぎて精神的に余裕が出てきましたね」とコメントしている。

 脚本には、菅野が出演した『働きマン』(同局系)などを手がけた吉田智子氏が担当、キャスト陣には菅野の元彼役で出演する塚地武雅(ドランクドラゴン)をはじめ、平岡祐太、小池栄子、草刈正雄、沢村一樹らが名を連ねる。過去に『アンフェア』の篠原涼子、『ケイゾク』の中谷美紀などの“女性刑事モノ”ドラマが大ヒットを記録しているが、そこに新たな形態の脚本をベースにしたドラマとして話題が集まりそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/1615-5147239b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。