劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーウェン・ウィルソン、 J・アニストンとのベッド・シーンに興奮せず?

オーウェン・ウィルソン、 J・アニストンとのベッド・シーンに興奮せず?

米国では12月、日本では3月公開の最新映画、『マーリー&ミー』で共演したオーウェン・ウィルソン(39)とジェニファー・アニストン(39)。映画の中でふたりはラブラドール・レトリバー犬からいろいろなことを学び成長する夫婦を演じるが、ベッド・シーンがあったことも話題になっており、その時の様子をオーウェンがTVのインタビューで答えたのだが…。


人気女優と共演が出来て、役柄は夫婦で、全裸でラブ・シーンあり、そう言われて喜ばない俳優はいない。ただしベッド・シーンについては、サラっと演じ、サラっと忘れ、後で他人にあれこれ語らないことが共演者への気配りというものであろうが、オーウェンはいかがであろうか。

『Entertainment Tonight』の取材に対し、オーウェンは、映画の撮影はすごく楽しかったといい、ジェニファー・アニストンとのベッド・シーンについて尋ねられると、「僕たちは完全に裸になったよ。撮影期間中のいい1日だったね。」と話を始めた。

ジェンの衣服を脱がせるシーンは当然楽しかったであろうと思いきや、彼はなんと、「自分自身に言い聞かせなければならなかったね。 “大変な仕事だよな。でも誰かがやらなければならないことだから頑張るしかない”って。」と心にもないような言葉を口にした。自分の女性ファンへの体裁であろうか。

さらには、恋人のジョン・メイヤーが聞いたらムッとするであろうに、「ジェンは人気があるからスタッフたちの方が喜んでしまって、僕などよりはるかに長い時間、ヌードのジェンを取り囲んで過ごしていたみたいだね」と、自分はあまりジェンのヌードには関心がなかったような発言をした。

お世辞でも「いやー、ジェンは本当に素敵な女性ですね。ファンに申し訳ないようなイイ思いをさせて貰いました」くらい喋り、明るく照れて見せればよいものを、どうもこのオーウェンという男は、Hなわりにはデリカシーに欠けたタイプに思えて仕方が無い。

実は5月上旬、彼には芳しくない噂が流れていた。同映画の撮影でマイアミに滞在していた時期、オーウェンは当時ケイト・ハドソンという恋人がいたにもかかわらず、ヨット・ハーバーからすぐの「パーディ・ラウンジ」というクラブで出会った可愛い女性を、自分のヨットに誘い込んだという。

しかしオーウェンはそこに自分の男友達をひとり呼び、3人でイイコトを…と持ちかけたためにその女性は気分を害して逃げるようにヨットを離れたといい、このゴシップ・ニュースが原因でケイト・ハドソンが激怒し、破局したとも言われている。

1度目の別れをケイトから言い渡された2ヶ月後の2007年8月、手首を切って自殺未遂事件まで起こして騒がせたオーウェンは、2度目のこの破局後は、打って変わってシングル・ライフを楽しんでいると米『ニューヨーク・ポスト/Page Six』は5月中旬に報じている。

『マーリー&ミー』のロケがフィラデルフィアに移った後、彼は「リックス・キャバレー」と呼ばれるチェーンのナイト・クラブに入り浸っていたらしいのだ。

ビールを飲みながら、75人もいるトップレス・ダンサーたちの中からお気に入りのブロンド美人を見つけ、呼び寄せては自分のために踊らせ、下着にチップをはさんであげてはまた別の女の子を呼ぶ。こうして4時間も過ごしていたという。

そしてそのような時期に、ジェニファー・アニストンのヌードを拝めるチャンスがやって来たのであろう。しかし、連夜トップレス・ダンサーと戯れているオーウェンには、アニストンのヌードの価値など分からくなっていたはずである。
スポンサーサイト

テーマ:コスメ・美容 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/1658-809ef6db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。