劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状ソフト、需要喚起に躍起 USBに内蔵、音声添付など新顔続々

年賀状ソフト、需要喚起に躍起 USBに内蔵、音声添付など新顔続々

15日から始まる2009年用の年賀状の投函(とうかん)受け付けを前に、年賀状作成ソフトの販売がピークを迎えている。しかし、年賀状の販売枚数が低迷するなか、年賀状ソフトの販売も苦戦。需要喚起を狙い工夫が凝らされた新製品が店頭に並んでいる。



 業界最大手のクレオが販売する「筆まめ」は、デジタルカメラで撮影した写真を補正して、はがき用のデザインに挿入する作業を大幅に簡素化した。パソコンに不慣れな中高年層なども簡単に利用できるようにした。




 同2位のソースネクストが販売する「筆王ZERO」は、初心者向けに音声ガイダンスなどで年賀状作りの手順を説明するメニューを用意。また、利用者が操作に行き詰まった際、インターネットを介して同社のスタッフが顧客のパソコンを遠隔操作し、問題を解決するサポートも始めた。



 一方、今年人気が高かった低価格のミニノートパソコンなど、CD-ROMを読み込む機能のないパソコンでも使えるよう、ソフトをUSBメモリーに入れたバージョンを発売して顧客層の拡大を図っている。



 3位のジャングルは、「筆ぐるめ」に音声情報を入れたQRコードを作成し、年賀状に印刷できる機能を追加。例えば、祖父母への年賀状に、孫の声を添付して送るといった利用も可能だ。



 郵便事業会社によると、年賀はがきの販売枚数は1999年用の41億9500万枚をピークに減少傾向が続いている。それに歩調を合わせるように年賀状ソフトの需要も低迷。民間調査会社のBCNによると、年賀状作成ソフトは販売がピークになる12月では、販売本数、金額ともに2005年から前年割れを続けている。今年10月の販売額も、前年同月比で16.9%減だった。



 そのため家電量販店では、より手書きに近い書き心地が味わえる電子ペンとタブレット型の読み取り板を組み合わせた専用機器をソフトとセット販売するなど、付加価値の高い販売方法に工夫を凝らしている。



                   ◇




【予報図】



 ■課題は中高年層の取り込み



 年賀状の販売が減少している上に年賀状作成ソフトのパイを奪うサービスも台頭している。



 郵便事業会社が若年層の年賀状離れを抑えようと販売した、ディズニーキャラクターなどをあしらった年賀はがきは予約分のみで完売。また、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手のミクシィと提携して始めた、相手の本名や住所を知らなくても会員間で年賀状を送りあえるサービスも好調だ。いずれもあらかじめデザインが用意されており、年賀状作成ソフトには強力なライバルとなる。パソコンの操作に慣れた層には、簡易な年賀状作成ソフトが付録された書籍や、ネット上の無料素材も人気だ。



 ただこれらのサービスは、主に若年層やパソコンに熟達した人向け。有料ソフト各社は、サポートの充実や操作の手軽さなどを前面に打ち出すが、年賀状の利用度合いが高い中高年層をどう取り込むかが課題となりそうだ。(松田麻希)



【関連記事】


PCに不慣れな中高年にも簡単 年賀状作成ソフト

丑年の笑顔、“モー”スピード 写真付き年賀状出荷ピーク

「さくらも簡単!年賀状」 エプソン販売が期間限定カフェ

やっぱりメールより年賀状うれしい メール増加の一方で

いま一度チェック! 年賀状のマナー、そして一工夫
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

コメント

はじめまして!
すてきなブログですね。

私は投資系サイトをやっています。
よかったら一度、遊びに来てください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/1667-29776900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。