劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面積6平方メートルの「小さな家」、金融危機の米国で脚光?

面積6平方メートルの「小さな家」、金融危機の米国で脚光?


 深刻な金融危機に直面している米国。お国柄、建物から自動車まで何でも大きいことにこだわってきた人々が、「小さな家」に目を向け始めているようだ。

 米「Tumbleweed Tiny House Company」は面積6-13平方メートルの小さな移動住宅「Tiny House」を製作・販売している。寝室とワークスペースを確保、キッチンとトイレも完備された「Tiny House」。既製のものと自作用キットの2種類あり、面積6平方メートル(高さ4メートル)の既製タイプの価格は3万6997ドル(約330万円)。

 移動住宅に抵抗があるなら、地面に設置された住宅を選ぶこともできる。「Small House」と呼ばれるこれらの住宅には、建設基準法に従って面積11平方メートル以上の部屋が1室含まれる。こちらについては数種類の設計プランが販売されている。(c)Barcroft Media
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/1710-8f7e2ffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。