劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド映画の概念を打ち破った『スラムドッグ$ミリオネア』、アカデミー賞9部門でノミネート

インド映画の概念を打ち破った『スラムドッグ$ミリオネア』、アカデミー賞9部門でノミネート


【ニューデリー 1月22日 IANS】第81回アカデミー賞で9部門中10のノミネートが発表されたダニー・ボイル監督の『スラムドッグ$ミリオネア』。西洋で抱かれ続けてきたインド映画の概念を覆す快挙となった。

 インドの作曲家A・R・ラフマーンの功績も大きい。作曲賞と歌曲賞(2曲)の3候補はラフマーンの作品だ。

 これまで欧米諸国では、「インド映画は歌とダンスが長くてつまらない」と不評を買うことが多かった。しかし第66回ゴールデン・グローブ賞でも4部門を制するなど、同作はこれまで抱かれ続けてきた“インドのイメージ”を良い意味で打ち砕くことになった。

「ヒンズー語の歌を最後に挿入する理由については疑問の声が上がったよ。でもあの曲は映画の本質を表すために必要だったんだ」とボイル監督は語っている。(c)IANS

 写真はビバリーヒルズにある「Academy of Motion Picture Arts and Sciences」。22日のノミネーション発表はここで行われた(2009年1月22日撮影)。(c)Fame Pictures/Carlos Piaggio
 
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/1839-a71e36c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。