劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視力を失ったイヌの“道案内”をするハト

視力を失ったイヌの“道案内”をするハト


イヌとハトの間にも種を超えた友情が成立するようだ―ニュージーランドのオークランドには、片目の視力を失ったイヌの“道案内”をするハトがいるという。

 ミックス犬の「Tekau-Fota」とハトの「ドリス」は、ニュージーランド・オークランドにある飼い主の自宅で6年にわたり一緒に暮らしてきた。

 子犬のころはタレント犬として広告を飾ったこともあるTekau-Fota。しかし今では11歳のシニア犬になり、最近になってがんを患ったため片目が見えなくなってしまったという。

 このころから、Tekau-Fotaのそばにはいつもドリスがいるようになった。Tekau-Fotaが敷地内を歩き回るとき、ドリスは決してそばを離れない。さらには、物にぶつからないようにとTekau-Fotaの周囲を飛び回るというのだ。

 飼い主のゴードン・ブレアさんは「ドリスは、自分の羽の音でTekau-Fotaを案内してあげているのでしょう」と語っている。

 Tekau-Fotaが餌を食べるときは犬小屋に入ってくるなど、ドリスはTekau-Fotaのことが本当に好きなようだ。(c)Barcroft Media/Chris Gorman
 
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/1943-c1fa9d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。