劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マンガ大賞 2009』、大賞は末次由紀氏の『ちはやふる』に決定

『マンガ大賞 2009』、大賞は末次由紀氏の『ちはやふる』に決定

書店員を中心とするマンガ好きが選ぶ『マンガ大賞 2009』の授賞式が24日(火)、都内で行われ、末次由紀氏の『ちはやふる』(講談社)が大賞に輝いた。作者の末次氏は都合により授賞式を欠席したものの、会場には書き下ろしのイラストと「賞など無縁のこれまでだったので、いまだにマンガ大賞を受賞したことが信じられません」という喜びのメッセージが届けられた。

昨年の大賞発表で喜びのガッツポーズを見せる、受賞作『岳』の原作者・石塚真一氏の写真

 1次選考では08年1月1日から12月31日までに単行本が発表された作品のうち、最大巻数が8巻までのマンガ作品(過去にマンガ大賞を受賞した作品は除く)から、1人の選考員が最大5作品に投票。もっとも投票数が多かった10作品がノミネート。二次選考では、選考員が全ノミネート作品を読んで上位3位を選定。選ばれた作品をポイント制で集計し、大賞を決定している。

 なお、ノミネートされた作品は以下の通り。

●マンガ大賞2009ノミネート作品
『宇宙兄弟』 小山宙哉(講談社)
『3月のライオン』羽海野チカ(白泉社)
『深夜食堂』安倍夜郎(小学館)
『青春少年マガジン1978-1983』 小林まこと(講談社)
『聖☆おにいさん』中村光(講談社)
『ちはやふる』末次由紀(講談社)
『とめはねっ! 鈴里高校書道部』河合克敏 (小学館)
『トリコ』島袋光年(集英社)
『ママはテンパリスト』東村アキコ(集英社)
『よんでますよ、アザゼルさん。』久保保久(講談社)
スポンサーサイト

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/2004-8a2eb46a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。