劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーアクションに挑んだジャッキー・チェン、舞台挨拶で最愛の女(ひと)と再会

ノーアクションに挑んだジャッキー・チェン、舞台挨拶で最愛の女(ひと)と再会

26日、ジャッキー・チェンが製作総指揮と主演を務めた映画「新宿インシデント」のジャパンプレミアが新宿トーアで行われ、ジャッキー・チェン、竹中直人、加藤雅也、拳也ら一同が舞台挨拶をした。

 ・「新宿インシデント」作品情報

 近年主にハリウッド映画で活躍しきたジャッキーだが、俳優人生の原点でもあるアジア映画に帰ってきた。しかも今度の舞台は、東京・新宿。またジャッキー映画の中で異例の “アクションシーンが全くない”作品で、これまでのイメージと一転した役柄に挑戦した。

 「(アクションシーンがないということで)今回みなさんにとてもショッキングな映画を持ってきました!!とは言っても、今後全くアクションをやらないというわけではありません。この役は一つのトライなだけで、また別の映画でアクションをやることになると思います。僕のこの変化を皆さんも気に入ってくれると嬉しいです」とコメントしたジャッキー。

 撮影時、アクションカットでジャッキーから指導を受けたという竹中は、「奴(ジャッキー)は非常にスタッフ思いで、撮影器具とかもみんなと一緒になって片付けるんだよ。僕はというと『ジャッキーが片付けるのを手伝っているわ~』とぼんやり見ているだけだった…。もしかしたら僕はそういう冷たい人間なのかもしれません…(笑)」とジャッキーの思いやりある人間性を絶賛。

 そんな竹中はジャッキーを褒める一方、「それにしてもぉ~、ジャッキー全然日本語覚えないんだわ。彼と一緒のシーンで本当は僕の目を見て喋らなければならなかったのに、僕の後ろに出されたカンペばっかりみるんだも~ん」と、日本語での台詞を苦戦したジャッキーの撮影秘話も告白した。

 またこの舞台挨拶では、マスコミ各社に「ジャッキーがついに最愛の女(ひと)と再会!」といったリリースが告知されていたが、その噂の最愛の女 (ひと) が遂に登壇。実はその人物とはジャッキーが撮影現場で可愛がっていた“最愛の子役”庵原涼香ちゃんだった。

 4月7日に55歳の誕生日を迎えるジャッキーを祝いする為、涼香ちゃんがフルーツたっぷり盛った巨大誕生日ケーキーと一緒に現れるというサプライズを用意。突然のスペシャルゲストに感動したジャッキーは涼香ちゃんと再会すると、思わずほっぺにキスをする微笑ましい一幕もみられた。

 映画「新宿インシデント」は、5月1日より新宿トーアほか全国公開。
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/2019-0189b647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。