劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリー「金麦」の檀れいは理想の妻像なのか?

サントリー「金麦」の檀れいは理想の妻像なのか?

写真拡大 季節は春になり、今やすっかりおなじみになったあのCMが帰ってきた。

「金麦冷やしてまってるから~」

 実を言うと、現在放映されているCMにはその台詞はない。あるのはおなじみの檀れいさんが叫ぶ「金麦が新しくなった~」である。とはいえ金麦といえばやはり「冷やしてまってるから~」のインパクトが強い。

 このCMがスタートしたのは2007年。発泡酒に次ぐ“第三のビール”として発売されるや否や大ヒットを記録し、2008年には発売元のサントリーがビール事業参入以来の黒字達成に大きく貢献したと言われている。

 この大ヒットの大きな要因といわれているのは、ズバリ檀れいさん演じる「金麦冷やしてまってるから~」のキャラクター。白いブラウスと膝丈のスカートにまっ白なエプロンという、いまどき見かけない昭和テイストの美人妻スタイルが「こんな妻が待っていてくれたらすぐ帰ってきちゃうのに」などと、男性のハートをわしづかみにした……らしい。つまりこの金麦妻は少なからず世の男性の“理想の妻像”なのだろう。

 しかしそんな男性の“理想の妻像”に対する独女の視線は微妙だ。

「檀れいさん演じる『金麦妻』って女性からみたらはっきりいって『いないよ、そんな人』じゃないですかね」

 そう断言するのは美紀さん(33歳・独女)。

「この金麦妻は美人でいつも旦那の帰りをけなげに待つ専業主婦で、外でも白いエプロンをつけて……って。これって完全に男性のロマンを具体化したものなんですかねえ。その上昨年流れていたバージョンだと、金麦と大根間違える『ちょっとドジ』みたいなのがありましたよね。このドジっぷりがまたベタというかんなんというか……そんなに直球がいいのか! と」

 そんな美紀さんの結婚後の理想像は、「共働きでお互い自立し、刺激し合う夫婦」だそう。
「金麦妻とは正反対ですよね。そんなこと考えているから婚期が遅れているのでしょうか?」

 もちろん、このCMをいいという男性すべてが「妻は専業主婦であるべし」と考えているわけではないだろう。理想は理想としてあって、現実はやはり違うことを考えている場合だって絶対にあるはずである。

 そこで「あのCM、好きですよ」という独男のAさん(35歳)に話を聞いてみると、こんな答えが。

「確かに女性からみたらベタベタの理想像だと思うんですけど、男はなんだかんだいってもベタが好きなんですよね。確かにあんな檀れいみたいな人がビール冷やして待っていてくれたらいいですよ。でもまあそれは男にとってそれが現実的かというと話は別。実際は別に専業主婦じゃなきゃダメとかもないですよ。だいたい僕の稼ぎじゃ養えるか微妙」

 ちなみに「私、本当に金麦冷やして旦那を待っていますよ」という既女ももちろん存在する。

 結婚3年目の明美さん(29歳)は現在育児の真っ最中である専業主婦。旦那はビールが大好きで毎日晩酌を欠かさないが「節約のためうちはもっぱら第三のビールです。中でも本当に金麦が一番好きみたい」なんだそう。

「でもうちはあんなCMみたいな美しいものじゃないですよ~。たとえばCM見ていると旦那さんは夕方ごろには帰ってくるっぽいですけど、うちはいつも22時過ぎです。なので白エプロンじゃなく、こっちはいつもすっぴんでパジャマ。白エプロンでキレイな格好して待っていて欲しければ、早く帰ってこいって感じ。ま、普段からエプロンなんてほとんどしませんが」

 そう、いくら男性が「CMのように金麦冷やして待っていて欲しい」と願っていても、実際のところ、CMのように早く帰宅できるような職場にいる人はそれほど多くないのが現実。しかも接待等の飲み会なんかに参加しようものなら、冷やしていたビールの味は台無し。それでは美人妻も悲しむだろう。さらにAさんが言うように、実際金麦妻を自分の稼ぎだけで養うことができない場合だってあるのだ。
スポンサーサイト

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/2023-3d539f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。