劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘリコプターからの中継などでテレビに遺体が映る



行方不明者や死亡者が多数いるとされている、今回の東北地方太平洋沖地震。NHKや民放各局はテレビコマーシャルをいっさい流さず、24時間ずっと地震情報を報じています。


震災特番では死亡者の情報、発生した地震の震度、津波の危険性、被災地の状況、被災者たちの声、原発の状態、放射能の危険性、注意すべきことなど、さまざまな情報を伝えています。しかし、生放送で放送しているため、あらゆるシーンで遺体が映ってしまっているようです。



外では遺体が映った状態でテレビで報道したり、新聞で報じたりしている国もあります。しかし、日本ではそれらの映像はタブーとされており、遺体の映像が放
送されたり新聞に掲載されることはありません。地下鉄サリン事件を報じた際も、海外では多くの遺体や意識不明者をテレビや新聞でモザイクなしで報じました
が、日本では写真も映像もいっさい報じられませんでした。


今回の東北地方太平洋沖地震では、多くの人たちが行方不明になっており、死亡者も多くいると伝えられています。それゆえ、ヘリコプターから撮影した映像に偶然にも遺体が映っていることがあり、ショッキングな映像なので子どもや被災者に配慮する必要があるかもしれません。



スコミ各社も手探りで取材をしているようなので、遺体があるかないか、調べながらカメラをまわすことができないのでしょう。そういう映像から目を背けない
のが、いまの日本の現状を知ることになるかもしれませんが、ショッキングな映像なのは確かです。すべての行方不明者が見つかり、すべての人たちが普通の生
活に戻れることを切に願います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/2248-bb348dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。