劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大物司会者のギャラの謎










TBS関係者によると、みのもんた氏のギャラは、「1000万円を超える」ということだ。

 これは、『朝ズバッ!』一回のギャラである。毎日、一流サラリーマンの年収以上の収入があるのだから、スゴい…と言うしかない。

 「当初、番組視聴率は2%だったのですが、やがてズームインを超える状態になりました。同時期のみのさんの病気騒動を経て、社として直々にみのさんに頭を下げ、それまでのギャラに300万円を積み上げて、継続をお願いしたようです」(事情通)

 これは2006年前後のこと。当時『クイズ$ミリオネア』一本のギャラが500万円だったといわれるので、大体500万円→800万円か。その後も、

 「年間100万円刻みでギャラが上がっていると言ってよいでしょう」(同)
 
 ということなのだ。だいたい、ウワサで言われているギャラは正しそうである。

 これは、芸能人はホテル住まいだったりファーストクラスの飛行機に乗らなくちゃいけない(?)など、諸々の経費交渉を経て決まる値段でもあるのだろうか。

 「一瞬日テレさんに出ただけで6000万円以上支払われた、かつての大物司会者のケースもあるので…」(某テレビ局記者)

 芸能人と呼ばれる人たちは皆、テレビで一瞬キラメく、ことで、ギャラアップを目指していく。他人のそれをコントロール出来たり、自らのタイミングでおいしいパフォーマンスをかましたり出来る、いわば特権的地位にあるのが、司会者たる存在。

 時代は移り変わろうとも、司会者たちの高額ギャラの実情を眺める限り、一般庶民にとってはテレビが金脈の埋まった“夢の世界”であることにさしたる変化はなさそうである。





















スポンサーサイト

テーマ:◇つぶやき◇ - ジャンル:ライフ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/2257-796cbd3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。