劇空間プロ野球
激突馬リーグ
   ■■ ゲームコーナー ■■  ■■ 戦国掲示板 ■■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB峯岸、「いつもと違うあっちゃんの顔」女優・前田敦子を絶賛! 「もしドラ」完成披露

AKB48のプロデュースにも関わっていた作家・岩崎夏海による累計発行部数250万部を超えるベストセラーを、前田敦子主演で映画化した「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」が完成し、主要キャストらが参加するキックオフイベントが六本木ヒルズで行われた。

(関連写真)AKB48河西智美が椅子から転げ落ちるハプニングで「これってドッキリ?」

この日参加したのは、前田敦子(AKB48)、瀬戸康史、峯岸みなみ(AKB48)、池松壮亮、川口春奈、大泉洋と、田中誠監督。たまたま勘違いで手に入れた経営学の父・ドラッカーの名著「マネジメント」に書かれた理論を実践し、弱小野球部の改革を進めて甲子園を目指す新人マネージャーを演じた前田は、今回が映画初主演。「もちろん原作は知っていましたし、原作者の岩崎さんにはお世話になっていたので、今回のご縁はすごくうれしいです。『マネジメント』という本には、生きて行く中で役に立つ言葉が沢山詰まっているので、皆さんもこの映画で何か役に立つこと見つけられればうれしいなと思います」と自身に満ちた表情。

前田と共演した峯岸は、「普段のあっちゃんは甘えん坊なのですが、お芝居になるとシャッキっと女優さんの顔になりました。いつもと違うあっちゃんの顔を間近で見て、すごく刺激になりました」と女優・前田敦子を絶賛した。



指導力不足という問題を抱えた野球部監督を演じた大泉は、峯岸から、撮影中いつも遊んでもらったと言われると、「完璧に親戚のおじさんでしたね。特にみなみちゃんはプロレスごっこに近くて、いきなり体当りしてきたり小学生のいとこと遊んでいる感じでした。今日は、僕に体当たりをして遊んでも良いように、見せても良いパンツを履いているそうです。言ってはいけなかった? あっ、また明日怒られるんだな…」と自分のネタで自爆。

最後に、この日会場に招かれた女子マネージャーがいるスポーツクラブの前に立った前田は、「私たち、映画もしドラチーム一同は、どんな時でも元気をだして、全国の皆さんに真摯に感動を届けることを誓います!」と、元気に選手宣誓を行った。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」は6月4日公開。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naniwa777ok.blog117.fc2.com/tb.php/2290-b514cb54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。